沖縄結婚式の魅力に迫る

「サキムイ」とは?

沖縄結婚式
日本で最も本州から遠い島、沖縄には地元独特の方言があり、お祝いごとをすることを「サキムイ」と言います。
「サキムイ」は漢字をあてると「酒盛」となり、御祝いをするときに大勢でお酒を飲んで楽しむということをさしています。

お祝いごとの席で美味しい食事をしながらお酒を飲むということは全国の広い地域で行われることなので、この言葉を耳にしても別段驚かないかもしれません。

ですが「サキムイ」は他の地域の人とは全く規模の違う、非常に大きなところでたくさんの人を集めて行うことであるといいます。

沖縄で「サキムイ」というと結婚に関する御祝いでは「結納」のことをさしています。

婚約を正式に発表するサキムイ(結納)の席で盛大なパーティーを開くのですが、そのあとにはまた更に輪をかけて規模の大きな結婚式が控えています。

挙式のスケール

現地における挙式も大きなスケールで行われます。
どうスケールが違うかというと、まず招待する人の人数が違っており通常他の地域ではせいぜい50~80人くらいで行うものでしょうが、現地においては200~300人規模で行われることもあたりまえとなっています

他の地域では100人を超えると使用される会場もその施設で最も大きなところが使われることになり、大規模式としての取扱がされるようになります。

ですが沖縄においてはそんな大会場を使うのが当たり前なので、結婚式とは広いところで行うものという前提のもとに進められます。

参加者が200~300人ともなると、新郎新婦も普通の登場の仕方では参加者の全ての目に入ることはできません。

そのため会場にはステージが用意されており、新郎新婦はそのステージでスポットライトを浴びながら登場をするようになっています。

席次も新郎新婦およびそのご両親はステージ脇の上座に座ることとなっており、他の地域での式における末席扱いと真逆になっています。

当然のことながら式の進行にそって登場してくる余興や挨拶もこのステージを使って行われることとなり、それらの賑やかさもあってまるでちょっとした演芸場であるかのような雰囲気にもなります。

結婚式では琉球舞踊の「かぎやで風」で始まり、エンディングは同じく「カチャーシー」という舞踊を新郎新婦も含めた全員が踊って終わりになります。

また大人数が式に招かれるのにもかかわらず、手作り感のあるアットホームな式であるということが大きな特徴です。

一生一度のウェディングに沖縄風を取り入れたら、きっと他の方法にはないようなとても思い出に残るものにすることができるでしょう。