沖縄の魅力

観光スポットと食文化の魅力

沖縄といえば、日本の国内旅行の中でも人気の一つで、太平洋と東シナ海にある島国です。
周りを海に囲まれている日本の南西部の島で、気候も熱帯性気候・熱帯雨林気候で温度が一年を通じて比較的高く、降雪の記録があまりないことでも有名な県です。

そのためドライブを楽しむのにもってこいで、海中道路や古宇利島、ニラカナイ橋は人気があります。
リゾート地として発展しているので、結婚式場も多く本州から挙式を考えて訪れるも多いです。
そして、周囲を海に囲まれていることから、海のレジャーが発展しています。

ダイビングやグラスボート、ホエールウォッチングは毎年訪れる人がいるほど人気のレジャーです。
また海だけではなく山にも魅力があり、島北の城址や比地大滝は見ておいて損はないでしょう。
島独自の自然文化、伝統文化、食文化が形成されていて、本州では体験できないことばかりです。

観光スポットには、世界遺産の首里城や斎場御獄、アミューズメント施設にはビオスの丘・ガンガラーの谷、沖縄ワールドがあります。
テーマパークには、美ら海水族館や珍しい植物が展示されている植物園、博物館など見所が盛りだくさんです。
また、離島巡りをする人も多く、美しい景色を見ることが出来る、与那覇前浜や瀬底ビーチ、ハテの浜は人気スポットです。

食文化では、沖縄そば、ゴーヤチャンプル、ラフテーなど健康的で気候に合った食べ物があります。
美しい海と美味しい食事を楽しめるカフェや酒場もあるため、2人きりでロマンチックに過ごせる場所から大人数で賑わう場所まで豊富にあるのも魅力でしょう。

歴史と伝統を今でも感じることができる

沖縄は、首里城を拠点した琉球王朝によって治められていた歴史があります。
尚巴志が統一した1400年前半から1879年までと約450年にも及ぶ年月の間、統治されていた関係からも、その王朝に纏わる伝統文化も多いです。

また中国との交易においても、日本と中国を結ぶ中継地としての役割もあったことから盛んに交易が行われた経緯もあるため、中国文化が取りこまれ発展した地域でもあります。その一つに衣類があり、紅型、琉装、芭蕉布など独特の染め織物を着るといった風習があります。

普段着として地元の人に親しまれている芭蕉布は通気性が良く、暑い日でも快適です。
紅型や琉装は伝統工芸であり、お祝いの席で着る服として知られています。
結婚式でも着用されることがあり、沖縄で結婚式を挙げたいと考えてる人におすすめです。

また紅型は引き出物としても人気があります。
衣類や小物入れ、ハンドタオルなど引き出物としてぴったりの商品があり、手ぬぐいなら一枚1000円からなので価格もリーズナブルでいいでしょう。