沖縄の民族衣装で結婚式

衣装も本場のもので!

沖縄で結婚式を挙げるなら、やっぱり沖縄ならではの衣装を使った式にしてみたいです。
沖縄は日本でも有数の織物大国になっていて、本島だけでなく離島にもそれぞれ素晴らしい染め物による布が作られています。

沖縄の織物・染め物の特徴は南国らしい鮮やかな色彩を用いたデザインをしているということで、日本本土でみられる振り袖などとはまた全く違った味わいがあります。
沖縄の伝統的な衣装のことを「琉装」というそうで、沖縄の自然や風土をモチーフにしつつ、かつての王族らしい豪華絢爛な雰囲気をただよわせるものになっています。

この琉装を使ったフォトウェディングをするというサービスも沖縄県内では行われていて、新婚旅行やリゾ婚として沖縄を訪れたカップルの多くが記念にお互い衣装をまとって写真を撮っているということです。

琉装の一般的な特徴としては、女性は紅色や黄色をカラフルに織り交ぜた着物、男性は抑えめの黒と差し色として黄色を混ぜるといったデザインをしていることです。
ぱっと見た感じ女性の方の琉装は振り袖などの和装に近いようにも見えますが、南国である沖縄らしく締め付けのある帯は用いずゆったりと着れるようになっています。

着物を止めるのはウシンチーという内側の腰のあたりにある細紐で、上に着る着物に挟むようにして着つけていきます。
全体的に通気性がよくなるように工夫があるので、和服の正装のようにガチガチに固めて満足に動くことができないというようなことはないようです。

男性の方は和装よりもむしろ大陸の王宮らしい衣装に近くなっており、女性向けの琉装と同じく全体的にゆったりしたつくりになっており、襟のたけが眺めに作られています。
正式に琉装をするなら髪型も「カンプ―」という沖縄独自のまとめ髪や装飾をするのですが、ファッションや写真撮影として琉装が利用されるようになってからは髪型については比較的ゆるく自由に整えてもよいようになっています。

結婚式の種類

沖縄式の結婚式はいくつかの種類があり、それぞれ歴史的な背景に少しずつ違いがあります。
まず最も本格的なのが本島南部を中心に行われている「宮廷結婚式」です。

これはかつて沖縄の王族同士の結婚式で使われた方法で、新郎新婦の他に司式者と演奏者が同じく沖縄の衣装を身にまとい、琉球に伝わる伝統的な音楽の演奏とともに儀式を行っていきます。
それよりもちょっと略式になると、「琉球結婚式」として古民家を利用しつつ伝統的な方法で挙式をしていくというタイプがあります。