沖縄の結婚式

沖縄の結婚式の特徴

他の地域にはないとても特殊な習慣や風習によって結婚式が行われる沖縄。
主な特徴を簡単に下記に挙げてみます。

出席者がめちゃくちゃ多い(200~300人以上のときもある)。
会場にはかなり大きな場所を使い、上座にはステージがある。
出席者のための席次がない。新郎新婦関係なく自由に席を選べる。
新郎新婦とその両親は下座ではなく上座に座る。
式の最初と最後は舞踊を行う。
全体的にゆるい。

というふうになるでしょうか。

伝統的な習慣というものを踏まえつつも、
そこにいる人達みんなで楽しむということに力点をおいた式の進行がとられることになっています。
他の地域で行われるいわゆる伝統的結婚式では、普段親しい人たち同士がきちんと晴れの舞台としてきっちりふるまうということを行動として求めるものですが、現地においてはあまりそのような形式的な部分は求められるわけではありません。

もっとも、沖縄式の式であっても「宮廷結婚式」と呼ばれるかつての琉球王朝の一族が執り行っていたような式をする場合には、定められた様式での衣装やふるまいをしなくてはならないこととなっており、格調高く古式ゆかしい民家などを利用して行います。

賑やかで楽しい沖縄の結婚式

しかしそのような例外を除けば基本的には現地の結婚式は楽しさを前提にできており、籍を入れる本人たちとの関係が近いものであっても遠いものであっても、その場にいることを御祝いして盛り上がることができます。

そのことを象徴しているのが参加者の多さに対しての席次が決まっていないということと、出欠をとる招待状に出欠の印をつけて返信するようなしくみがついていないということです。

基本的には案内状が届いたらそれは出席をするものということになっているようで、断るということはほぼ前提になっていません。
主席をしたらしたで、今度は自分で御祝いをするための席を確保しなくてはいけません。

通常なら出席した人のテーブルの人間関係や、上座下座の位置関係をどうするかは悩ましい問題であるはずですが、沖縄においてはそのようなことは気にされず、到着したなら自分の好きなところに好きなように座りなさいというスタンスとなります。

裏返せば、新郎側の知合いだろうが新婦側の知合いだろうが関係なく自由に交友を深めてほしいということとも言えます。

式に出席することで、そこから新しい出会いがあるとしたらそれはそれでまたとてもおめでたいことですよね。

♪♪♪沖縄の地元の結婚式
♪♪♪沖縄でしか出来ない宮廷結婚式