沖縄の川にはサメがいる

サメは海にいるものだけど

サメといえば海にいる生き物ですが、実は沖縄の川にサメがいる、という話があります。
どういうことなのかをご存知ですか?
サメの中には、「オオメジロザメ」という人を襲う獰猛なサメがいます。
このオオメジロザメが、海を遡上して川に入るというから驚き。
実は他の国でもオオメジロザメが淡水域に侵入してくることが解っていて、過去には川で人がサメに襲われ「オオメジロザメの仕業ではないか」と言われたことも。
とはいえ、日本のしかも沖縄の川でオオメジロザメが見られると言われても、ピンときませんよね。
これを実際に調べに行った人がいます。
参考サイト:川に人食いザメ!?沖縄・国際通りでサメを連れ!

↑実際に確認しにいった人のブログです、凄い…!
なんでも、以前から沖縄の川にはオオメジロザメがいると言われていて、それを確認するためにこの方が沖縄に行き、実際にサメをつってきたというから驚きです。

沖縄の川ってすごい!

この方のブログによれば、なんと沖縄の川には「クロダイ」がいて「ガーラ(ヒラアジの仲間)」がいて、驚きの連続だったとか。
もちろん川なので個体はとっても小さいですが、まさか川にクロダイがいるなんて誰も思いませんよね。
また、外来種も多くて熱帯魚も釣れるというから驚き。
沖縄の川って本当に面白いです。
とはいえ、飼い主が無責任に捨てて野生化した魚も多いので笑ってばかりもいられませんが…。

地元民は川のサメのことを知っている

どうやら、地元では「川でサメが釣れる」というのは有名なはなしのよう。
この方が調査したところによれば、サメがいるのは沖縄の那覇にある安里川というところ。
そして、夜にならないとサメは出てこないこと、コバンザメを釣ったという地元民を見つけることもできたそう。
また、サメだけじゃなくたくさんの魚が遡上することでも知られているそうです。
で、実際に釣りをしていたらハタが釣れたということで、驚いていました。
確かに、大きなハタが釣れたらびっくりするかも。
そして、ここではサメが釣れなかったので「国際通りでサメが釣れる」という情報を聞き、移動することに。
そうしたら、小さいけれど泳ぐサメの姿が確認できた!
国際通りって、沖縄でもかなり有名なところですがこんなところにサメがいるんですね、びっくり…。
しかも4匹も確認されたそうで、俄然やる気が湧いてきた挑戦者さん。
果たしてサメは釣れるのか???