沖縄の川にはサメがいる2

というわけで、国際通りに移動してサメを釣ろうとしている挑戦者さん。
確かにそこにはサメがいるわけで、しかも目視で4匹もいる!これは釣るしかない!ってことで迎えた次の日ですが、残念ながら台風が来てしまって釣り自体ができないできないことに…。
沖縄は本当にまともに台風がくるので、ちゃんと外で釣りなんて正気ではないレベル…。
危なくて釣りどころではないと判断、挑戦さんは川が穏やかになる日を待ちます

実際に連れた!驚きの展開へ

で、待ちに待った釣りの日。
「本当に釣れるのか?本当にサメはつれるのか?
当日、何とかしてサメを釣ろうとしていたこの方ですが、連れずにエサがなくなってしまいました。
「これはもう駄目なのでは」と思っていたら、サッとエサになるものを差し出してくれた人が…!
これは嬉しいですよね。
で、この方のおかげでサメがエサに食いつき、釣れることになったのです。
釣れたのは、体長が1メートルのオオメジロザメ。やっぱりオオメジロザメ。
「オオメジロザメが釣れるなんて!」と思うかもしれませんが、1メートルくらいのものなら人を食べることはできないサイズですし、川の大きさからみてこれ以上大きくなることもなさそうです。

このサメをつってから、たくさんの人がサメ見るために殺到。
写真撮影をみんなでして、お祝いをしたそうです。サメが川を泳いでいることは知っていても、実際に釣った人は珍しいのかもしれませんね。
これで、サメがここにいるということはめでたく証明されました。

その後…

サメは沖縄で知り合った親子の自宅に持ち込まれ、サメの頭はそこのお子さんがやっている標本のコレクションになるそう。
そして、胃の中からは食べられた魚も出てきました。
やはり小さくてもサメはサメ、こうして食べたものが胃からでてくるのですね。
サメは近所の料理屋さんが調理してくれ、きちんと食べたそうです。意外に美味しいそうですよ。

沖縄に行ったらサメを探してみてもいいかも

観光地というわけではありませんが、川でサメを
見られるなんて経験ができる場所はそう多くありません。
それを考えたら、やはりサメを見に行くというのもよさそうです。
まさに、沖縄でしかできない経験ですからね。
サメを泳いでいるところをみたら、なんだかとてもドキドキしてしまうかも。
しかもオオメジロザメですから、泳いでいるところをみられればレアになること間違いなし。
特に、サメが好きな人にはサメを見に行くのがオススメです。