首里城

首里城ってどんなところ?

沖縄には、かつて「琉球王国」とよばれる王国がありました。
この「琉球王国」は日本の本州とはまったく異なる歴史を積み上げているところで、日本とは外交で繫がっていました。
中国などとも外交をして、それで大きくなった王国と言われています。
今はこの「琉球王国」はありませんが、1429年から1879年までの長い間、沖縄の地で「王国」として栄えてきた「琉球王国」を思わせるものが、沖縄にはまだ残っています。
そんな「琉球王国」の遺産「首里城」についてお話をしてみたいと思います。

「琉球王国」のシンボル「首里城」

首里城は、「琉球王国」のシンボルとして良く知られているもの。
首里城は沖縄でも高いところにあり、それが首里城の立場をあらわしているかのよう。
かつて首里城には「琉球王国」の国王が住んでおり、内部には「信仰」のための場所もあるとか。
「首里城公園」のサイトによれば、首里城は中国と日本どちらの建築技術も使われたもので、歴史的な価値も高いとされています。

そんな「琉球王国」ですが、実は歴史もちょっと複雑。
中国や東南アジア、日本と貿易をして栄えてきたという歴史がある一方で、1609年には薩摩軍に首里城が占拠されました。
また、中国に支配されながらも日本の徳川幕府に属するなど、非常に微妙な立場の中で存続していた時代も。
そしてとうとう明治維新ともに王が追い出され、「沖縄県」となって正式に日本が統治することになりました。
このように、とても複雑な歴史を持つものでもあります。

全焼してしまった首里城

首里城は、第二次世界大戦でのアメリカとの戦いの中で全焼してしまい、今みることができるのは復元されたものです。
しかし、復元されたものであったとしても、かつて沖縄の土地にあった「琉球王国」の名残である首里城をみたいと、多くの観光客がこの地を訪れています。
かつて王宮として使われていたこの首里城は、朱が美しい非常に綺麗な建築物。「沖縄にきたからには、この首里城をみたい」という人が多いのでしょう。
日本の歴史とはまた違ったこの首里城の魅力について、たくさんの人に知ってほしいと思いますね。
ぜひ、この首里城を訪れて琉球王国の歴史に思いをはせてみて下さい。

沖縄にいったら、ぜひこの首里城を訪れて歴史について考えてみて下さい。
そして、沖縄の歴史について考えてみるということをお勧めしたいですね。
沖縄旅行の素敵な思い出になること間違いなしですね。