闘牛大会

沖縄の「闘牛」を見に行こう

御存知の方もいると思いますが、沖縄では「闘牛」も有名です。
沖縄で闘牛がみられるって知っていますか?
沖縄では、闘牛のことを「ウシオーラセー」と呼んでいます。
沖縄の人々は、この闘牛を娯楽として楽しみながら、一方では「文化」として大切に守ってきました。
今でもこの伝統は守られ、沖縄で大切に闘牛が催されているそう。
この闘牛の存在がどんどん知られるようになってきており、最近ではこの闘牛を目当てに若い人が沖縄を訪れたり、外国人観光客が闘牛を楽しむというケースも。
沖縄の伝統文化として、大切に守られているものです。

闘牛が行われているのはどこ?

闘牛が行われているのは、沖縄のなかでもうるま市というところ。
平成19年には、このうるま市には「うるま市石川多目的ドーム」が誕生し、その中で闘牛が楽しめるようになりました。
闘牛だけでなく、この会場ではエイサーなども楽しむことができるそうで、沖縄県民やうるま市民の憩いの場として利用されているそう。
うるま市石川多目的ドームの闘牛場は本当に立派で、円形の会場で闘牛がしっかりと見える様になっています。
こういうものを楽しみながら、沖縄県民は日々を過ごしてきたんだなと思える施設ですね。
闘牛のガイドブックなども販売されており、これをみることでより闘牛が解りやすくなるでしょうね。

「父の日闘牛大会」が開催されています

このうるま市石川多目的ドームではいろいろなイベントが行われていますが、「父の日闘牛大会」も開催されているそう。
一等賞が豪華なことで有名で、軽トラックなど車が当たるそうですよ。
2015年にプレゼントされるのは、なんと「クラウン」。
このように、豪華景品があたるような闘牛イベントも開催されているのがうるま市石川多目的ドームの特徴です。
また、闘牛を楽しむことができる機会も意外に多いので、ぜひ「闘牛を楽しみたい」と考えている人はこのうるま市石川多目的ドームにお出かけをしてみて下さい。

沖縄ではこういったことも行われているんだな、参加したいな、と思えること間違いなし。
そして、こういったイベントもしっかり行われているというのが、沖縄の大きな魅力でもあります。
「沖縄のいいところを存分に味わいたい」と考えている人に、このうるま市石川多目的ドームで行われている闘牛のイベントをみてほしいですね。
より沖縄を掘り下げて知ることができるでしょう。
闘牛自体も、非常に人気があるのでオススメです。