沖縄の結婚式に私が憧れた理由

リゾ婚ブーム

最近は、海外や国内のリゾート地に出かけてそこで地元式のウェディングを行う
「リゾ婚」「リゾートウェディング」が流行しています。
リゾートウェディングの人気の場所としては、海外ならハワイやグアム、サイパンなどのリゾートアイランドがあります。
海外以外でも沖縄をはじめ、北海道や信州・安曇野、那須、伊豆、箱根といった場所が人気の場所になっているようです。
リゾートウェディングのよいところは、非日常的な美しい風景をバックに心に残るウェディングを行うことができるということと、挙式後に出発することになるハネムーンを挙式と同時に行うことができるようになっているということです。
結婚式のときには素敵な衣装をまとった新郎新婦の姿を残すべく、たくさんの写真をとるかと思いますが、そんなときこそリゾートウェディングなら他の場所では出すことのできない背景で行うことができます。

沖縄は特におすすめ

数あるリゾートウェディングの目的地の中でも、私が一番におすすめしたいのが沖縄です。
なぜならこの島国は日本国内であることから交通の便がよく、海外に出かけるためのパスポートも用意する必要がありません。
当然日本なので言葉の問題もなく、それでいて海外のリゾートアイランドに出かけたときと同じような美しい景色や空気を楽しむことができます。
リゾートウェディングをするとなると、移動交通費は新郎新婦側が負担をするのが通例です。
ハワイなど海外の国に出かけるとなると飛行機代も相当なものとなってしまいますが、その点沖縄ならそれらと比べてかなり安い金額ですみます。
私の両親など、旅行こそ好きなもののあまり海外旅行は好きではないというタイプなので、そういったちょっと年齢の高い人にとっても魅力的な場所としてこの島国は案内することができます。
自分たちのハネムーンと一緒に両親のための旅行をセッティングするということで、親孝行を一緒に行うことができて一石二鳥です。

いろいろなメリットがありますが、最大の魅力はなんと言っても青い海!
透き通るような青い海をバックに行われるウェディング、海をバックに一生の記念の写真が撮れるということは、他の何にも代えがたい素敵なことです。
リゾート気分なのに国内だから移動の負担がない、言葉も通じるなどのメリットを総合的に考えても、やっぱり自分が結婚式を挙げるなら沖縄だなと思っているところです。
もし縁があるなら、現地に暮らしている人の中から将来の旦那さんを見つけてみたいかも、なんて最近は考えていたりするところです。