沖縄美ら海水族館近くのチャペル

沖縄で挙式を上げた理由

沖縄でリゾ婚をしようと思った理由は、挙式ができるチャペルの様子がとてもキレイであったことと、そのまま沖縄観光ができるハネムーンに続けることができるためです。
沖縄旅行にはかなり以前からいつか行きたいとは思っていましたが、なかなかチャンスがなかったこともあり、一生に一度の新婚旅行としての思い出は沖縄で作りたいという希望があったこともあります。
中でも沖縄美ら海水族館はずっと前から行きたいと思っていたところなので、沖縄でリゾ婚をするときのチャペル選びをするときにはそこに行くためのアクセスもかなり重視しました。

実際に挙式をしてみて

沖縄美ら海水族館は国頭郡本部町という那覇空港からはちょっと距離のある場所に位置しています。
ただ距離があるといっても沖縄県内ではタクシーなどを利用すればそれほど時間をかけずに移動ができるため、必ずしも沖縄美ら海水族館近くのチャペルやホテルでなければならないというわけではありません。
沖縄のチャペルはやはり交通の便のよい那覇市内に集中してありますので、そちらで挙式や披露宴をしたあとの翌日などに移動をするという方法でも十分時間をかけた観光をすることができるといいます。
ちなみに那覇市内から沖縄美ら海水族館まで車を使った場合の所要時間は約2時間半となっており、バスを利用しても約3時間で到着します。

しかしやっぱり往復6時間近くを要するとなると、やっぱり近いところで挙式をしたいと考えるもので、私達が候補にしたのが名護市周辺にあるリゾ婚のための施設でした。
名護市内にもいくつか人気の挙式場はありますが、中でも口コミなどで評価が高いのは「アイネスヴィラノッツェ沖縄」もしくは「ザ・リッツ・カールトン沖縄」です。
「アイネスヴィラノッツェ沖縄」は名護市の南岸部分に位置する、チャペル正面に沖縄の大きな海を見ることができる好ロケーションの施設となっています。
建物を出てすぐには白浜が広がっており、天候のよい日の景色はまさに神々しさすら感じられるほどです。

一方の「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、屋外にそのまま挙式場があるという喜瀬の丘からの眺めを利用した式場となっています。
世界的に有名なホテルということもあって、レストランでの食事内容や雰囲気の良さも評価が高いポイントになっています。
どちらもまるで夢の様な挙式場なので、そちらで大満足の式をしたあとには翌日に夢にまで見た沖縄美ら海水族館に便利に行くことができるという最高のプランが立てられます。